いざと言う時はレビトラに限る!あっという間に元気になる秘訣

レビトラの特徴や効果

【レビトラとは】
ED治療薬としては、国内で2番目に承認された勃起不全治療の薬になります。
2002年から国内での取り扱いも始まり、10年以上経った今でも人気が高いです。
成分には「バルデナフィル」が使用され、10mgと20mgの2つの用量があります。
正確には5mgというのもありますが、効き目が弱すぎてほとんどの病院で取り扱われていません。
ちなみに、ED治療薬の病院での処方は保険の適用を受けることは出来ません。
なので1錠も他の薬に比べ高く、
・10mg…1500円
・20mg…2000円
となっています。
使用の機会が多い人であれば、予め余分に費用を持っていくのがオススメ。

【バルデナフィルの特徴とは】
言い換えればレビトラの特徴とも言えますが、次のようになっています。
・治療薬の中でもっとも素早い効き始め
・食事の影響を受けにくく、約700Kcalまでは許容範囲内
・効き目は最大10時間続く
これら3つの特徴をもっています。
やはりレビトラと言えば「速効性」であり、飲み始めから15分ほどで効き始めます。
なので直前の服用でも十分に間に合うので、活用の幅は広くなるはずです。
また、食事が出来るようになったのは大きな改善点です。
デートしないで突然、HOTELに行く人も珍しいはずです。
女性と食事を楽しんだ後でもきちんと効果を発揮出来ます。
また10時間も作用するので、一晩であれば十分過ぎる時間になるので「もし効き目が切れたら…」なんて不安を感じる必要もこれでありません。

【どんな作用が起こるの??】
勃起抑制酵素と言われる海綿体の中にいる「ホスホジエステラーゼ-type5」を阻害します。
この酵素を阻害すると、血管を拡げる役割のある物質の分解が抑えられます。
血液の通り道が十分に確保されれば、刺激を受けた時に多くの血液がペニスに流れるようになります。
なので機能不全に陥っていたペニスが、再び勃起状態になることができ、勃起不全を改善できます。
ED治療薬は値段が高いものの、有効性は非常に高く、70~80%の人に有効だと言われているので、勃起不全に悩む男性は試す価値ありです。