いざと言う時はレビトラに限る!あっという間に元気になる秘訣

バリフの詳細

即効性で人気のレビトラというED治療薬にはバリフというレビトラジェネリックがあります。
ジェネリックといえば後発医薬品のイメージがありますが、先発医薬品の血のにじむような努力とは裏腹に似たような成分から構成されているが故に、日本では厚生労働省が薬の認可をする際、後発医薬品であれば比較的容易に販売許可が出るそうです。
海外ではジェネリックと先発医薬品の効果の差を訴え、ジェネリックの使用に否定的な人もいますが、ジェネリックの方が開発コストもかなり抑えられるため、必然的に薬価も安くなるので厚生労働省はジェネリックの使用を推奨しています。
元々、ED治療薬であるバイアグラやレビトラ、シアリスは1錠当たり1300~1800円程度の値段になるので、そう易々とは手が出しづらい方もいると思います。
ではレビトラジェネリックであるバリフの効果効能について挙げてみたいと思います。
まず、レビトラとはバイアグラの後発医薬品でバイアグラと比べて即効性、より長い作用時間、副作用の少なさ、食事や飲酒への制限が緩いというメリットがあげられます。
レビトラ及びバリフに含まれるバルデナフィル塩酸塩水和物が勃起持続成分を邪魔する酵素PDE5を阻害し、ED治療薬である勃起の手助けとともに持続時間を長くしてくれます。
デメリットとしてはバイアグラと比べて有効成分が異なることに加えて即効性や作用時間への影響を与えるために他の成分が混ざっているので勃起力が少々バイアグラよりは弱いことです。
また、先発のレビトラと比較するならば薬価が極めて安いということです。そのため、レビトラと同等の効果効能であると判断したレビトラ使用者がバリフに移行したり、新たにED治療薬の使用を検討している人がその安さによって気軽に試した結果、バリフ使用者となった場合があります。
通常、レビトラは1錠につき10mg 1500円、20mg 1800円ですが、バリフは10錠で2000円とちょっとですので1錠200円程度という驚きの値段です。 ですのでレビトラの効果効能が気になる方はまずバリフから試してみるといいと思います。